山田温泉(家族風呂)

久留米から大分までを東西につなぐ国道210号は玖珠町も貫く。町の賑わいから西へ1㎞程度、郊外型の店舗などが点在する風景の中にビジネスホテルの表示を掲げた2階建ての建物が見えてくる。駅前などで見かけ10数階建て鉄筋構造のビジネスホテルとは異なる木造、低階層の建物だ。





敷地内には黒い色合いでデザインされた浴舎が建つ。壁には家族風呂と明確に表示がある。受付はビジネスホテルの表示がある建物の1階で行う。部屋の名前が書かれた小さな木札と100円玉を渡される。札には一番奥の部屋の名前が書かれていた。

脱衣所には長椅子、洗面台、プラ籠、扇風機が備わる。程よい空間が確保されている。脱衣所の一角に100円玉を投入するボックスがある。受付でもらった100円玉を入れると浴槽に湯口から湯が注がれる。浴槽は空っぽで、毎回温泉が入れ替わるのだ。そっけないPV管からは勢いよく湯が注がれ、10分程度で満杯になる。その後は少量の湯が供給され、30分ほどで停止する。





注がれる湯は無色透明、無臭だ。口に含むと弱い鉱物味がする。弱いヌルツル感が肌に残るが、印象は弱く至って素直だ。掲示されている温泉の利用状況によれば、消毒はされていないが15%加水されているようだ。

浴室は8畳間ほどの広さが確保されている。ゆったりした印象を受ける。窓を開けると玖珠の風景が見える。浴槽、浴室の床は緑系の平石が用いられ統一された意匠である。







浴槽の淵にプラ籠があり、バラの花で満たされていた。土曜日のみのサービスで浴槽に浮かべることができるらしい。


山田温泉
玖珠町山田248-6
0973(72)1126
単純温泉
泉温不明(表示見当たらず)
シャンプー類あり ドライヤーなし
家族風呂(内湯)
1050円/50分
10:00~24:00
2016/11/26

天ヶ瀬温泉 天龍荘

玖珠川の右岸、共同湯益次郎湯の側に宿がある。黒い板を基調とした白文字の表示が立ち寄り湯も可能と案内する。
広い玄関ホールの右手にフロントがある。入浴をお願いし正面のエレベーターで浴場を目指す。




浴場は「ながやん湯」と「長寿湯」のふたつ。男女が時間で入れ替わる仕組みのようだ。この時は男がながやん湯だった。広く確保された脱衣所には藤の籠が並ぶ。扇風機が回り、洗面にはアメニティが揃う。



浴場は明るい。上を見ると、半透明の屋根材が面積の半分ほどを覆う。手前の壁に沿い洗い場、左奥にタイル貼りの浴槽、正面には長形の浴槽が配置されている。入って直ぐの右手には家庭用と思われる浴槽がある。どうやらかかり湯用と思われる。




主浴槽 は一度に20 人、あるいはそれ以上の人が利用できそうな規模だ。その湯を一人っきりで利用させていただいた。浴室に足を踏み入れた途端、硫黄臭に気が付く。岩で淵をくみ上げ、底にはタイルが貼られた主浴槽を満たす湯はほぼ透明で、白い湯の花が舞う。岩の壁には湯口が設けられ、湯の流れに沿い湯の花が見られる。身を沈める。肌を刺激するようなことはない。




奥にある浴槽はタイル貼りだ。温泉成分の付着で灰色に見える。紺色が元来の色みたいだ。浴槽を眺めているだけで硫黄泉の個性が伝わってくる。源泉温度が高いため加水されている。できるなら源泉の供給を絞った源泉のみの浴槽に身を沈めたい気持ちにさせる。



浴場の中央に飲泉場が設けられている。飲泉の許可を得ているようだ。ただし、70℃という高温のためくれぐれも注意が必要だ。


天ヶ瀬温泉 天龍荘
日田市天瀬町湯山1137
0973(57)2370 HP
含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
72.3℃
シャンプー類あり ドライヤーあり
内湯
500円
11:00~21:00
2016/9/17

塚田温泉センター

中山間の風景が連なる県道12号から廃校となった塚田小学校方面へハンドルを切る。一呼吸ほどの時間で校舎奥に塚田温泉センターが見えてくる。午後1時からの営業だ。
向かって右手が男湯だ。脱衣所には木製の棚にプラ籠が並ぶ。コインロッカーも備わる。開け放たれた窓からは涼しい風が忍び込んでくる。




浴室に入ると左の壁に沿い浴槽が配置され右手に洗い場が並ぶ。正面右手には出入り可能な戸が設けられ、コスモスの花の間を通り抜けた風が肌に届く。
浴槽に満たされる湯は琥珀色を帯びている。湯口の湯を口に含むと鉱物味とほのかなヒノキ臭が五感を刺激する。個性を持つ湯だが、肌を刺 激するような悪戯はしない。絶えず注がれる湯は浴槽をあふれ、淵に刻まれた窪みから流れ去っていく。





先客も後客もいない一人っきりの時間が贅沢に過ぎていく。



湯上り、受付の方や地元の方々と談笑した。熊本地震で湯が出なくなり4か月ほど休んでいたそうだ。区の世話役や区民の努力で再開できたとのこと。温泉再開の背景には地元の方々の並みならぬ苦労があった。
帰り際、受付の方から採れたて野菜をいただいた。心が熱くなった。感謝。


塚田温泉センター
日田郡天瀬町塚田下原898-1
単純温泉
46℃
石鹸あり ドライヤーあり
200円
13:00~21:00
2016/9/17

長湯温泉 ラムネ温泉館

細い雨が途切れ降る平日の昼下がり、ラムネ温泉は落ち着いた空気に包まれていた。
休日には人の姿が途切れないエントランス付近もまばらだ。




小さな扉を開けると内湯。三層に配置された浴槽には、1段目と2段目に湯口が設けられ、加温された湯が注がれている。湯口の湯を口に含むと、苦味は弱く甘みを帯びた酸味が広がる。





内湯からサウナと露天が待つ戸外へ出てみる。露天に人の姿はない。雨のためか、シートが張られている。濁りのない湯は温いにもかかわらず冷たさを感じない。




静かだった雨は次第に音を伴い、張られたシートを叩きはじめた。


長湯温泉 ラムネ温泉館
竹田市直入町大字長湯7676-2
0974-75-2620 HP
マグネシウム・ナトリウム・・カルシウム炭酸水素塩泉
41.2℃
サウナ、露天、内湯
洗面なし、洗い場なし
500円
10:00~22:00
第1水曜休(1月、5月は第2水曜休)
貸切湯:2000円/60分
2013/6/28

長湯温泉 水神之森

長湯温泉の中心部から県道209号で南東方向へ少し進む。車窓が山林風景に変化した辺りから案内に従い細い道にそれる。杉木立を抜けると右手に見えてくる。
男女の湯は入れ替わり制のようだ。2年前とは異なる側に暖簾が下がっていた。




左手に洗い場が並び、中央右よりに浴槽が配置されている。2槽に分かれた浴槽は窓側に蓋がされていた。手前の浴槽の表面には、手にとることができほど厚い膜が形成されている。





浴室の窓の先には露天風呂が見える。
隣の浴室には露天はなかった記憶。こちらにのみ露天があるようだ。



小粒の雨が降る中、緑溢れる長湯の眺めを楽しませていただいた。


長湯温泉 水神之森
竹田市直入町長湯2907
0974-75-3490 HP
含鉄・ナトリウム・マグネシウム・炭酸水素塩泉
48.4℃
シャンプー類あり、ドライヤーあり
500円 
10:00~22:00
貸切湯:2000円/60分
2013/6/28