筋湯温泉 ホテル大高原(家族湯)

筋湯温泉街から県道40号を南へ600mほど進むと、左に小松地獄の入口が、右にポツンと宿が見えてくる。入口には浴場の写真が掲示され、温泉に力を入れていることがうかがえる。
風除室でスリッパに履き替える。ロビーにいた店主らしい初老の男性に入浴料を手渡す。フロントは3階にあり、浴場は1階となる。




絵が飾られた階段を1階まで降りるとマッサージチェアーが並んでいた。見渡すと大浴場への扉、露天風呂への扉、家族湯への扉がある。店主からは空いていればすべての温泉を利用してよいと告げられた。格安だ。家族湯へ向かった。建物を出るとすぐにある「めおと風呂」は木製の樽に似た作りの浴槽だ。



2畳間ほどの脱衣空間が確保されている。プラ籠が並ぶ。浴室は2方向が透明のカラス窓で窓枠の上部は空いている。自然の風景を眺めながらの湯浴みが楽しめる。注がれる湯は透明で特徴的な臭いは感じない。肌はキシキシ感を覚える。




湯は適温、供給される湯量で温度を調整しているようでもある。熱ければ加水することができる。洗い場はなく、浴槽から湯を汲み取り体を洗う。

めおと風呂の左に扉がある。こちらはもみじ湯(家族湯)への入口だ。急な坂を下っていくと露天風呂が現れた。このロケーションを貸切で味わえるのは贅沢かもしれない。

【もみじ湯(家族湯)露天】



一旦1階へ戻り露天風呂と書かれた脳へ出てみた。こちらにも家族湯があった。その一つが檜風呂だ。3方が壁で1方が解放された半露天だ。混沌と注がれる無色透明の湯がキラキラ輝いていた。

【檜風呂(家族湯)半露天】



看板には食事ができる表示だが、やっていないとのことだった。宿泊はできるのか、については未確認。


筋湯温泉 ホテル大高原
玖珠郡九重町湯坪576-1
0973(79)3301 HP
単純温泉
73.2℃
シャンプー類あり
内湯 露天 家族湯
500円(全入浴可)
9:00~23:00
2018/3/25

筋湯温泉 旅館ひとめ荘(貸切湯)

日曜日午後零時頃の筋湯温泉は、ひっそりとした佇まいを見せていた。
筋湯温泉の中心部に用意された公共駐車場に車を停め、急な坂を下りはじめる。間もなく坂の途中の右手、2階建ての宿に会う。玄関を入り声をかける。立寄り湯をお願いした。



案内された浴場は3室あり、すべて貸し切りで使用するのだという。どこを利用してもよいとのことで、一番奥の浴室を利用させていただいた。
平石を配した浴室と浴槽は昭和の印象を与える。高温源泉を覚悟していたが、浴槽の湯は適温に調整されている。臭いを確かめようと湯口を探す。湯面下浴槽の壁を観察していくとあった。窓側の浴槽に穴があり熱い湯が注がれている。手を伸ばすとわかる。熱い。



注がれる湯量は抑えられているようだ。浴槽の淵に掘られた凹みから溢れた湯は流れ去っていく。際立つような臭いは感じ取れない。浴槽を満たす湯は透明で、肌には素直な印象を残す。洗い場の湯を出してみた。多分源泉だと思われる。はじめは冷めていたが間もなく熱湯に変わった。洗面器にとってみる。やはり形容できるような臭いはなく口に含んでも格別な味を感じることはない。



窓からは遠く涌蓋山を望むことができる。なかなかの眺めだ。涌蓋山の向こう側は小国町のはげの湯温泉や岳の湯温泉という位置関係になる。



掲示によれば、加水あり、殺菌剤なし、掛け流しだ。

湯上り、隣室が開いていたので見学させていただいた。中央の浴室はジャグジーが備わっている。浴室は大理石が使われている。改修されたようだ。
【中央の浴室】


手前の浴室も大理石が用いられ、中央の浴室同様に改修されているようだ。
【手前の浴室】



筋湯温泉 旅館ひとめ荘
玖珠郡九重町湯坪680
0943(79)2940 HP
単純温泉(筋湯分湯組合)
94.3℃
シャンプー類あり
内湯(全3室貸切で利用)
500円
10:00~18:00
2018/3/25

天然町温泉

大分スポーツ公園の北、緑に囲まれ住宅やマンションなどがゆったり立ち並ぶ環境の中に公衆浴場がある。さる吉さんのブログでその存在を知った。
地図を参考に進む。浴舎はグレイス天然館という賃貸マンション(?)の駐車場の奥に存在していた。




専用の駐車場が浴舎の前に3台分用意されている。入場はコイン式で、100円玉を3枚入れると扉の鍵が解除される。無人だが監視カメラが見つめる。脱衣所には洗面台と脱衣棚が置かれている。ドライヤーが備わっていた。引き戸を開けると浴室だ。




8畳間ほどの空間だ。左手に浴槽、右手に3つの洗い場が並ぶ。窓を開けるが浴槽から立ち上る湯気は消えない。
コンクリート製浴槽の淵を御影石が飾る。浴槽を満たす湯は澄んだ薄褐色で、弱いヌルツル感を肌に残す。御影石が途切れた端っこから湯が流れ去っていく。
浴槽から立ち上がるパイプの湯口からは適温に調整された湯が惜しげもなく注がれる。手にすくい鼻を近づけるとヒノキの臭いがほのかに漂う。口に含むと弱い苦みを感じる。個性豊かなモール泉だ。洗い場には白湯が供給されているようだ。




浴舎の内外から受ける印象は「新しい施設」だ。加えて、丁寧に使用され掃除も行き届いているように感じられた。分析表などの日付からもその印象は裏付けられる。消えていく共同浴場の情報が珍しくない昨今、新たな浴場の開設は嬉しい。


天然温泉 天然町温泉
大分市明野北5丁目1681-77
ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
51.9℃
シャンプー類なし ドライヤーあり
内湯
300円
6:00~22:00
2018/1/8


山里の湯(家族湯)

国道210号豊後中村から県道40号にハンドルを切り九酔渓と格闘する。夢大吊橋入口をやり過ごしガソリンスタンドを通り過ぎたあたりから細い道を右へ折れると目的地だ。受付棟には庇が設けられていた。家族湯をお願いする。




家族湯は1室のみである。すぐさま案内していただいた。受付棟の奥に男女の浴舎があり、家族湯はその裏手にひっそりと設けられている。扉を開けると脱衣所で1坪ほどの空間だ。簡易な棚にプラ籠が二つ。扇風機とドライヤーが備わる。

開け放たれている浴室への扉の先には1坪ほどの浴室があった。炭酸ガスが発生しているので窓は開けておくようにとアドバイスをいただいた。窓際に配置された浴槽は一面茶褐色だ。



満たされる湯はパイプを伝い、湯面下から泡をたてながら注がれている。味をみることはできなかった。身を沈めると肌はすぐさま泡に包まれる。炭酸泉特有の現象だ。温い湯温だが心地よく体が温まる。臭いはない。洗い場の蛇口からは白湯が出てくる。温泉は引かれていないようだ。




注がれている湯はもったいないと思うほどの量だ。浴槽に切られた窪みから絶えず湯が溢れ去っていく。洗い場の床も茶褐色で、温泉成分の力を感じる。湯そのものに色は認められない。空気に触れることによって含まれる鉄分がこうした色合いを見せているのかもしれない。張り紙には湯上りに肌に残った湯分をしっかりふきとるようにとある。



窓からは畑が見える。ありふれた田舎の風景だ。


山里の湯 家族湯
玖珠郡九重町田野
0973(79)2516
泉質不明(炭酸泉)
泉温不明
シャンプー類あり ドライヤーあり
内湯
2000円/50分
9:00~18:00
大浴場:500円
素泊り:3800円(夏季)/4300円(冬季)
2017/7/23

六ヶ迫鉱泉 しらさぎ荘

大分市から県道205号を臼杵市へ向かう。トンネルを抜け国道217号との三叉路を右折、再度右折し細い道をそのまま上っていく。10分ほどで目的地に達する。
しらさぎ荘の扉を開け声をかける。女性が出てこられ入浴を願いする。13年を間において訪れた宿は変化していなかった。




廊下の奥まった場所から階段を降りると、そこが脱衣所だ。扉を開けると浴場。右手に浴槽、左手に洗い場が配置されている。浴槽の側にはサウナの入口がある。浴槽に満たされる湯は土色濁りで、浴槽の内部は見えない。湯は適温に加熱されている。身を沈める。肌に残るような浴感はない。至って素直な印象だ。
浴室の窓際にはペットボトルに入った薄茶色の鉱泉が用意されている。飲んでみると初め塩味が舌に広がり後を追うように炭酸味が届く。




浴室の角に暗い空間への下り階段がある。6段ほど降りると水風呂と源泉浴槽が用意されている。先ず水風呂に入り、次に源泉浴槽に入る。源泉浴槽は水風呂より低い温度のようだ。夏ならではの楽しみだ。適温の浴槽と冷たい源泉浴槽とを交互に入ることで、体にプラスの効果が表れるらしい。




源泉浴槽と水風呂のある空間は暗い。昼間でも明かりが必要だ。用心して移動しないと転倒してしまう。

しらさぎ荘の営業日は貼り紙と宿のフェイスブックで知ることができる。事前に確認する必要がある。激渋の鉱泉施設だ。


六ヶ迫鉱泉 しらさぎ荘
臼杵市藤河内六ヶ迫1754
0972(62)3426 FB
含二酸化炭素-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
15℃
石鹸あり ドライヤーあり
内湯 サウナ 源泉湯 水風呂
500円
営業日時:FBで要確認
2017/7/1